遺言を作成する際に、注意すべきこと

  • 3つの遺言の方式について

    • 遺言の方式は、大きく分けて2つあります。
      それは、普通方式と特別方式です。前者は、主に使われている方式で、遺言といえば普通はこちらの方を意味します。

      後者は、特殊な状況下でのみ認められる方式です。



      特別方式は一般的ではないので、以下では普通方式について説明します。



      普通方式は、?自分で全文を書く方式、?公証人に作成してもらう方式、?内容は秘密にするが、公証人が関与する方式、の3つがあります。

      ?の自分で全文を書く方式は、最もよく知られるものです。

      簡単ですし、人の手を通さないのでお金もかかりません。

      ですが、見つからなかったり紛失してしまう場合がありますし、利害関係者によって隠されたり書き換えられたりする可能性もあります。



      また一人で書くため、不備や見落としがある恐れもあります。


      ?の公証人に作成してもらう方式では、内容を公証人に口授し、不備がなく、確実性の高いものを作成してもらいます。



      原本は、公証役場で厳重に保管されるので紛失や書き換えの恐れはありませんが、時間と費用がかかります。



      ?は、利用されることが珍しい遺言です。
      簡単に言えば、封印をした遺言書(自分で全文を書いたもの)を公証人に渡し、公証人には内容を秘したまま、その存在を証明してもらう方式です。

      秘密性が高く、どうしても内容を秘密にしておきたい人に向いています。



      なお、こちらも時間と費用がかかります。



      また?とは違い、公証役場では保管されず返却されますので、見つからなかったり紛失してしまう恐れがあります。
      以上のように、普通方式の遺言には3つの種類があります。

      それぞれの知識や状況に応じて3つのうちから1つを選ぶわけですが、法律の知識があまりないのなら公証人に作成してもらう方式が一番確実です。



  • 関連リンク

    • 遺言の方式は、大きく分けて2つあります。それは、普通方式と特別方式です。...

    • 遺言をせっかく書いたのに執行できなかった、という話は珍しくありません。ここではありがちな失敗として5つのNGケースを紹介します。...