マイナスの財産がある場合の相続対策

  • 相続対策は相続する側の事を考えて

    • 相続対策と聞くと、以下に多くの遺産を相続できるか、相続税の金額を如何に減らすことが出来るかといった部分に考えが集中しがちです。
      しかし、そればかりを意識して相続の方法を決めてしまうと相続する遺族に要らぬ負担を強いることになり兼ねないので注意が必要です。



      特に多いのが、相続税が支払えなくなりせっかく相続した財産を手放さざるを得なくなるケースです。



      これは、財産を現金ではなく動産や不動産で相続した場合に良く起こります。

      相続税は相続した財産を一定の評価額で査定し、その査定額に応じて一定の税率を掛けて計算されますが、その評価額が市場の評価額とおおきく食い違っている場合が多いことが原因です。



      特にその評価額が毎年変動する不動産に於いては、相続税の計算に用いた評価額に比べ実勢売価が大きく下回るケースも多く、その為仮に不動産を売却しても相続税が支払えなかったりする場合も少なくありません。



      相続対策を行う際にはこのような点を考慮し、相続の時期や方法について十分に考慮する必要があります。



      相続税を予め予測し、相続税を支払えるほどの現金を用意して相続するのも一つの方法ですし、また借金がある場合には借金をすべて整理して、遺族に負担を掛けないようにする気配りも重要です。



      とはいえ、このような相続対策はなかなか難しいものです。



      相続を考えている人は、弁護士や司法書士などの有識者に相談して、自分の財産をどの様な形で遺族に残すのが一番良いのかを一度考えてみる必要があります。



  • 関連リンク

    • 2015年、相続税についての改正が行われた結果、基礎控除の枠が縮小され、加えて最高税率が55%に上昇しました。そのため、依然として相続税を納めなければいけない人の割合は少ないですが、確実に相続税が課される可能性は高まりました。...

    • 相続対策と聞くと、以下に多くの遺産を相続できるか、相続税の金額を如何に減らすことが出来るかといった部分に考えが集中しがちです。しかし、そればかりを意識して相続の方法を決めてしまうと相続する遺族に要らぬ負担を強いることになり兼ねないので注意が必要です。...