遺言を作成する際に、注意すべきこと

  • 遺言を作成するということ

    • 最近では「終活」という言葉もよく聞かれるように、自分の死後についてあらかじめよく考え、手配をしておくという人も増えてきています。



      これは誰しもなくなった後のことは自分自身では如何ともしがたいため、せめて生きているうちに自分の意志でいろいろなことを決めたり、依頼しておきたいという気持ちの表れであるといえます。



      そうした行為のひとつとして考えることができるのが「遺言」です。



      これはなくなった後のことをあらかじめ文書という形で残しておくもので、きちんと要件を満たしているものであれば、法律的にも有効なものになります。



      そのため遺言を作成しようという気持ちになったら、きちんと要件を満たしたものを作成できるよう、弁護士に相談することが大切だといえます。



      遺言の内容はさまざまですが、民法で規定されている遺産の相続に関する規定とは別に、自分の意志で遺産を分配したいという場合にも行われることも少なくありません。



      ただし民法の規定の中には、遺産相続の権利を有している人に対して、一定割合の遺留分があることが規定されているため、いくら遺言があるといっても、すべてを故人の遺志で分配することはできません。



      自分が亡くなってしまった後のことが心配だという気持ちは、多くの人が共感するところですが、自分の意志に近い形で死後の財産等の分配が行われるよう、遺言を残しておくことは、無用の争いを避けるという点から考えても、有効な方法であるといえるでしょう。



  • 関連リンク

    • 自分が築いた財産を誰にどのように残したいかを意思表示するのが「遺言」ですが、法的に有効になるように作成しなければ、せっかくの意思を実現させることができません。正しい手続きについて、理解しておきましょう。...

    • 最近では「終活」という言葉もよく聞かれるように、自分の死後についてあらかじめよく考え、手配をしておくという人も増えてきています。これは誰しもなくなった後のことは自分自身では如何ともしがたいため、せめて生きているうちに自分の意志でいろいろなことを決めたり、依頼しておきたいという気持ちの表れであるといえます。...